WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年7月23日のニュース

高校野球(速報):府立工業、京都両洋に惜敗

0723kougyou.jpg
 全国高校野球選手権京都大会、23日の準々決勝第4試合に福知山市の府立工業が登場。京都両洋と対戦し、1−2で惜敗した。工業先発はひじの手術から戻ったエース・本多。右サイドからインコースを鋭く突いて好投し、守備も再三の好守を見せたが、両洋の軟投派・中井投手を打ち崩せず、4強進出はならなかった。

▽準々決勝・第4試合
京都両洋
101 000 000=2
000 000 010=1
府立工業
 
試合終了
 
-------
 
(速報のため、公式記録と異なる場合があります)
1回表:三振、四球、右安打、送りバントが内野安打となって1死満塁。遊ゴロは併殺にはできず1点失う。一走の盗塁を阻止してチェンジ。
1回裏:赤塚二ゴロ、野間中飛、井上二ゴロ
 
2回表:右飛を野間が飛びついて好捕、遊直、三塁強襲打も飛びついて抑え一塁へ好送球。
2回裏:4番渡辺が三遊間を破ってチーム初安打。本多は一邪飛。玉井は頭部への死球。井上が臨時代走。萩原倒れ2死後、中嶋にも死球で満塁の好機を得るが、足立は三塁ゴロに倒れる。(両洋三塁手が好捕)

3回表:玉井好捕で二ゴロ、三塁への内野安打で1死一塁。三遊間を破り一二塁。三直。二塁への送球がそれて2死一三塁。三遊間破られ追加点を奪われる。パスボールで2死二三塁とピンチ広がるも一邪飛で切り抜ける。
3回裏:赤塚左飛、野間一塁への内野安打で1死一塁。盗塁失敗で2死走者なしとなって井上は外野飛球に倒れる。
 
4回表:三ゴロ、二ゴロ、三飛。
4回裏:渡辺三飛、本多右飛で2死から玉井が三遊間を破るが、萩原は三邪飛。
 
5回表:三振、左飛、中飛。
5回裏:中嶋三振、足立左越二塁打。赤塚のバントは走者進められず2死。野間は二直。
 
6回表:中飛、4番菊地が三遊間破り3の3。右飛、中前打で2死一、二塁とされたが、遊ゴロに仕留める。
6回裏:井上一ゴロで1死から渡辺が左前打で出塁したが、本多は右飛、玉井一邪飛に倒れる。
 
7回表:先頭を四球で歩かせるが、捕手・中嶋が牽制球で刺す。内野失策で1死一塁。左前打で一二塁。またしても捕手が二塁へ好送球で二三塁間挟殺。更に一走の盗塁も阻止。
7回裏:先頭の代打・中西は右飛。代打・坂本は死球で出塁。暴投で捕手が球を前に落としたのを見て代走・嵯峨が判断良く二進。足立は一邪飛。赤塚に死球で一二塁と好機が広がったが、野間は三振。
 
8回表:先頭を三振、中飛で2死から四球、中前打で一三塁。死球で満塁。詰まった当たりをセンター赤塚がダイビングキャッチ! ピンチをしのぐ。
8回裏:先頭井上が中前打で出塁。4番渡辺はストレートの四球。無死一二塁から本多は送りバントを決めて1死二三塁。玉井の右直はタッチアップできず。中西が三遊間を破って1点返す。三ゴロで追加点はならず。
 
9回表:中飛、一飛、三振。三者凡退で裏の攻撃に期待
9回裏:足立左飛、赤塚左飛、野間二飛で試合終了。
 
 
写真=8回裏、中西が意地のタイムリー

 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ