WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年7月23日のニュース

高校野球:福知山成美、西城陽に打ち勝ち4強

0723ozaki.jpg
▽準々決勝
西城陽
000 301 003=7
003 141 10x=10
福知山成美

-----
 第94回全国高校野球選手権京都大会は23日、わかさスタジアム京都で準々決勝4試合が行われる。第1試合には福知山成美が登場、西城陽と対戦している。

(速報のため、公式記録とは異なる場合があります)
1回表:三振、左飛、中飛
1回裏:先頭の原井が右前打で出塁。盗塁を決めて無死二塁。2番仲村渠兄は四球を選んで一、二塁。送りバントを成功させて1死二、三塁としたが後続を断たれる。
 
2回表:二飛、三振、右飛
2回裏:先頭の尾崎が四球を選び、西原が送りバントを決め、1死二塁としたが遊飛、三振。
 
3回表:二ゴロ、三振の後、中前に初安打を許すも次打者を三振に。
3回裏:安打の原井を一塁に置いて仲村渠兄が中越二塁打を放ち、先制の1点。遊ゴロ、左飛で2死後、響が死球で一、二塁。ここで尾崎が右翼フェンス直撃の2点二塁打を放ち追加点を挙げた。
 
4回表:四球、三遊間安打、四球で無死満塁のピンチ。ここで右邪飛からタッチアップで1点を奪われ、内野の守備が乱れる間に2点目も奪われ、1死三塁。次打者のバントは内野ゴロに仕留めたが、続く三塁ゴロが失策となり同点とされた。三振で攻撃終了。(一時強い雨)
4回裏:2死後、原井が四球で出塁。仲村渠兄の右越適時二塁打で勝ち越し。
 
5回表:中直、三振、左飛。
5回裏:先頭の西田が二遊間を破り、響が送って1死二塁。尾崎捕邪飛で2死後、西原の左前打で一、三塁。代打・山田が一二塁間を破り1点追加。仲村渠弟が左翼へ3点本塁打を放り込み、この回4点目。西城陽は投手交代。原井は四球を選んだ後、バッテリーエラーで二塁へ進んだが好調・仲村渠兄は三振。
 
6回表:二飛、左線三塁打、一邪飛、中前適時打。死球(球場に強い雨)=臨時代走、二ゴロ。
6回裏:先頭の代打・濱田が左二塁打で出塁。西田は右飛。響の右安打で1死一、三塁。尾崎の右犠飛で1点。響は果敢に盗塁を狙うが阻まれる。
 
7回表:三振含む三者凡退
7回裏:1死後、8番・日下部が中飛敵失で二塁へ。仲村渠弟の中飛敵失で日下部が本塁を突いたが阻止される。原井の左前打で一三塁。仲村渠兄が右適時打を放ち10点目。2死一、三塁。一人帰ればコールド成立だったが、濱田はセンターへの大飛球に倒れる。
 
8回表:一飛、三ゴロ、三振
8回表:西田左飛、響三振、代打・北尾一ゴロ
 
9回表:成美は右腕・北尾がリリーフ。2者連続四球。三振を挟んで中前打で1死満塁。左犠飛で1点。右2塁打で2点。中飛で試合終了。
 
 
写真=3回裏、尾崎が右越2点適時打を放つ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ