WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年7月22日のニュース

高校野球:一挙9点の猛攻 府立工業が京都翔英に5回コールド

0724furitu.jpg 第94回全国高校野球選手権京都大会は22日、わかさスタジアム京都で4回戦2試合があり、第2試合に登場した府立工業がシードの京都翔英に5回コールド10−0で勝利して8強入りした。

 足を絡めた攻撃からリズムをつくって打線をつなげた5回裏、一気に9点を奪って勝負を決めた。
 
 守本尚史監督は「足を使った攻撃と打線がうまくかみあった」と話していた。
 
 府立工業にとって夏の京都8強は4年ぶりで過去最高タイ記録。初の4強を目指し、23日の第4試合(午後4時開始予定)で、春の覇者・鳥羽を破った京都両洋との準々決勝を迎える。
 
 ▽4回戦
京都翔英
000 00=0
100 09=10
府立工業
(5回コールド)
 
 ○…1点リードで迎えた5回裏、府立工の猛攻が続いた。
 
 盗塁を5つ決めて揺さぶり、相手の失策を誘いながら8長短打を集め、次々に得点を重ねた。最後は2死二、三塁から3番井上の右前適時打で三走赤塚を迎えて10点目を挙げ、5回コールドが成立した。
 
 府立工の先発足立は、立ち上がりを狙われて初回に1死満塁のピンチを招いたが後続を断ち、調子をあげた2回以降は翔英打線を打ち取って5回零封した。
 
 
写真=赤塚が生還して10−0の5回コールドが成立した

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ