WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年7月 7日のニュース

公社解散事業費に財調基金から20億充当 福知山市議会で理由問う声相次ぐ

 福知山市議会6月定例会本会議が再開された6日、提案されている市土地開発公社の解散・清算に向けた事業費約50億円の財源として、一部を市の貯金である財政調整基金を充当するよう方針変更したことについて、議員から理由をただす質問が相次いだ。

 公社は多額の負債を抱え、粉飾決算も発覚。慣例的に続いてきた市と公社とのずさんな関係性を指摘され、解散することになった。
 
 同日は今年度一般会計補正予算案などについての質疑や一般質問があった。
 
 市は公社を解散・清算するため、約50億円ある公社の借金を肩代わりすることにしている。昨年12月に公表した「市土地開発公社健全化計画」では、利息の50%が交付税措置される第三セクター等改革推進債(三セク債)約50億円を発行して債務処理することにしていた。
 
 しかし、今定例会では、三セク債発行額を約30億円に縮減し、残り20億円は市の貯金にあたる財政調整基金を取り崩して充てることに方針変更した。
 
 市は、借金にあたる三セク債ですべてまかなうより、三セク債の発行を抑えて借入金を減らし、財政調整基金を活用する方が財源の節減につながると説明。「借金の利子の利率に比べ、預金利息の利率の方が低いことから財源の見直しをした。将来の世代が負担する費用を少しでも軽減することになる」として、理解を求めた。
 
 
【関連ニュース】
 ・市長選:福知山の課題(下)売れぬ土地 困難な財源確保(12年6月)
 
 ・土地開発公社解散へ市が三セク債50億円を発行(11年12月)
 
 ・福知山市開発公社が今年度末で解散(11年12月)
 
 ・市公社粉飾決算:府交付金返納額1100万円 当初見込みより300万円増(11年7月)
 
 ・「市土地開発公社は解散妥当」の意見多く 経営検討委が市の改革案審議(11年6月)
 
 ・土地開発公社を民間中心の役員体制へ見直し 市が方針発表(11年3月)
 
 ・土地開発公社問題:市議会特別委が調査結果 市とのずさんな関係性指摘(11年2月)
 
 ・土地開発公社問題:粉飾決算で府交付金800万円返納(10年11月)
 
 ・市開発公社問題:「担当者レベルの操作と考えられない」と会計士(10年10月)
 
 ・利息の乗せ方にルールを 市土地開発公社調査特別委で公認会計士が報告(10年9月)
 
 ・「早期解散」を市長に提言 福知山市土地開発公社経営検討委(10年8月)
 
 ・土地開発公社の金利処理一貫性ない 調査の会計士指摘(10年7月)
 
公社問題再発防止へ秋をめどに情報公開(10年6月)
 
 ・公社不正決算問題:市議会特別委が一部調査を公認会計士に依頼(10年6月)
 
 ・公社不正決算問題:市は外部調査に難色 議会は報告に疑問の声(10年6月)
 
 ・土地開発公社問題:市は「問題はない」 議会は「調査必要」(10年6月)
  
 ・市土地開発公社の簿価操作、市長が会見で謝罪(10年5月)
  
 ・防災センター建設用地 かけ離れた簿価と市購入額(10年5月)

 


    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ