WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年6月28日のニュース

花を見ながら大物狙い 野笹のスイレン池で7月8日に釣り大会

0628tsuri.jpg
 スイレン池として親しまれている福知山市野笹の畑田池で7月8日に催される「野笹スイレン池まつり」(実行委員会主催)で、釣り大会が行われる。通常、池での釣りは禁止となっているが、この日は自由に釣ってもらう。大物が潜んでいることも考えられ、実行委では「スイレンを眺めながら楽しんで」と参加を呼びかけている。

 畑田池は広さが約2500平方メートル。以前は農業用ため池だったが、1970年ごろに地元の人がスイレンを数株植え、その後徐々に株を増やし、スイレンの観賞用の池となった。今では株が池の半分以上を覆い尽くしている。
 
 これまで安全面から、池での釣りは禁止としていたが、スイレン池により親しんでもらおうと、まつり当日に限り、釣り場として開放することを決めた。池の水深は深いところで1・4メートルほどで、全体的にはそんなに深くないが、釣り大会では安全に釣りが出来るよう、実行委メンバーが監視する。
 
 池にはコイやフナ、ブラックバスなどがたくさん生息。4年前にコンクリート桟橋を造った際には、地元の人が約70センチのコイがいたことを確認している。
 
 釣り大会は正午から約3時間の予定。基本的に釣りざおやえさは持参してもらうが、実行委で竹ざおを準備し、初めての人も挑戦出来るようにする。
 
 釣った魚に応じて各賞を贈る。大会の参加料はいらないが、まつり会場への入場料として300円がいる。
 
 まつりは午前10時から始まり、和太鼓演奏やフラダンスショー、アームレスリング大会などがあるほか、焼きそばなどの模擬店も並ぶ。
 
 藤田和照実行委員長(71)は「何が釣れるか分かりませんが、大物がいるはず。ぜひ家族で参加して釣り上げてほしい」と呼びかけている。
 
 
写真=本番を前に安全点検のため地元の人たちが試し釣りをした

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ