WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年6月22日のニュース

有仁小児童が万願寺とうがらしのハウス訪れ収穫体験

0622manganji.jpg
 福知山市大江町南有路、有仁小学校(稗田洋子校長)の5年生13人は21日、地元の万願寺とうがらし栽培地を訪れ、農家から話を聞いたり、収穫したりして、地元の特産品について理解を深めた。

 訪れたのは同町二箇下の大槻重明さん(72)が自宅近くで栽培するビニールハウスで、広さは幅7・2メートル、奥行き35メートル。250本が植わっている。大槻さんは万願寺とうがらしを栽培するようになってから今年で9年目となる。
 
 ハウスでは大槻さんが、町内では26人が栽培していて、うち7人がビニールハウスで育てていることを話し、名前の由来や栽培方法、出荷の仕方なども細かく説明。実自体は「肉厚で甘みがあり、おいしい」と伝えた。
 
 児童たちは実の付き方や花などをじっくりと観察。規格外の実が出来たらどうするのか−などの質問もしていた。このあと実際に1人2本ずつ収穫。はさみで大きな実を選び、友だち同士で長さを競っていた。また、焼いてしょうゆをつけたものを食べた。
 
 高橋怜央君は「ハウスは工夫して造られていて、万願寺とうがらしが大事に育てられているのが分かった」と話していた。
 
 
写真=万願寺とうがらしを収穫する児童たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ