WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年6月21日のニュース

SECが軟式野球天皇賜杯へ2年連続出場

0621sec.jpg
 福知山市の社会人軟式野球チーム・SECカーボンが、10月26日から沖縄県で開かれる天皇賜杯第67回全日本大会に、京都代表として2年連続で出場する。17日に舞鶴球場であった府大会決勝でライバルの佐川印刷を破った。

 天皇賜杯は、都道府県大会の優勝チームが集う軟式野球界で最高峰の大会。
 
 府大会は2日から始まり、府内19支部代表チームで行った予選を勝ち上がった4チームと、強化指定の4チームで10日から決勝トーナメントをした。
 
 強化指定のSECはトーナメント途中で同じく強化指定の佐川印刷を6−0で破るなど完封3連勝で決勝に進み、敗者復活戦を勝ち上がってきた佐川と再戦した。
 
 決勝は、2回に芦田敦の本塁打で先制し、最終9回に再び芦田敦の3点二塁打で加点。投げてはエース芦田裕が8回まで被安打2の好投。投手交代後の9回に2点を奪われたがリードを守り切った。
 
 昨年の天皇賜杯は1回戦で敗退した。糸井基博監督は「昨年の悔しさをバネに、まずは2回戦突破を目指す」と気負いなし。京都軟式野球連盟の松井博孝理事長は「天皇賜杯で京都勢の優勝は一度もない。投手を中心とした守りと粘りで日本の頂点を目指してほしい」と期待を寄せた。
 
 【決勝】
SECカーボン
010000003=4
000000002=2
佐川印刷

 
写真=胴上げして優勝を喜ぶSECナイン

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ