WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年6月16日のニュース

10年度比で15%超の削減 福知山市の節電対策

0616goya.jpg
 関西電力の節電要請を受けて、福知山市はこのほど、7月2日から9月7日までの平日(8月13日から15日まで除く)の節電対策を発表した。午前9時から午後8時まで、市役所本庁舎、環境パーク(牧)、ガス水道部庁舎(水内)でエレベーターの使用自粛などに取り組み、2010年度比15%以上の節電に取り組む。

 本庁舎では冷房温度28度設定▽昼休み(正午−午後1時)の消灯▽南側の窓際の消灯(晴天の午前10時−午後4時)。環境パークはごみ焼却炉、水処理施設の運転を平日2日間停止し、土、日曜にシフト▽リサイクル体験教室を午前中に開催。ガス水道部では浄水・簡易水道施設の運転時間を夜間にシフトすることなどに取り組む。

■庁舎にゴーヤでみどりのカーテン■

 また、西日が当たる市役所の正面玄関東側の壁に横17メートル、縦3・6メートルの緑のカーテンを作るため15日夕、市職員、福知山環境会議のメンバー、市シルバー人材センターの職員らが、用意した15個のプランターにゴーヤの苗30株を植えた。
 
 市民への節電の啓発のためで「市民の手で市役所をクールスポットに」を合言葉にしている。
 
 苗は実が短くて、太く、苦みが薄い「シマサンゴ」という品種で、1カ月ほどで実ができ、8月中・下旬ごろにはみどりのカーテンができる見込み。
 
 
写真=ゴーヤ先生が見守るなか苗を植えた

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ