WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年6月15日のニュース

「オオムラサキきれい」 3小学校合同で大地さん宅訪れ観察

0615oomurasaki.jpg
 国蝶で、環境省レッドデータブックの準絶滅危惧種に指定されているタテハチョウ科のオオムラサキを飼育する福知山市厚中問屋町、大地洋次郎さん(71)宅に15日、市内の上川口、金谷、三岳の3小学校の3年生計20人が訪れ、チョウを手に乗せたりして、間近で美しい姿を観察した。

 大地さんは12年前から、少なくなっているオオムラサキを増やそうと、自宅に飼育小屋を作り育てている。今年は8日に第1号が羽化。これまで約40匹が成虫になっている。
 
 理科の授業の一環で訪れ、児童たちは大地さんから「先に雄が羽化して、そのあと1週間ほどして雌が生まれます」などと説明を聞いたあと、4−6人ずつ小屋の中に入った。
 
 オオムラサキを帽子や手のひらに乗せてもらうと、「羽がきれい」と大喜びで、じっくりと羽や触角などを観察した。三岳小学校の田中世純君は「チョウは大好き。思ったより大きかった。ほとんど紫色でアゲハに似ている」と話していた。
 
 
写真=手に止まったオオムラサキをじっくりと観察する児童たち(15日午前10時40分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ