WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年6月11日のニュース

市長選:松山氏が再選果たす 新人3候補及ばず

0611matuyama.jpg
 任期満了に伴う福知山市長選挙は、10日に投開票された結果、無所属で現職の松山正治氏(74)=自民推薦=が1万7826票を獲得し、再選を果たした。無所属新人の前市議会議員、荒川浩司氏(50)は1万2497票を得たが及ばなかった。共産党中丹地区委員長の杉本玄太郎氏(58)、会社社長の衣川元嗣氏(32)の無所属新人の2人は票を伸ばせなかった。投票率は54・72%と、前回の58・82%より4・1ポイント下がった。

 新庄の松山氏の選挙事務所では、1回目午後10時過ぎの開票速報で「松山氏600、荒川氏400、杉本、衣川両氏200」の発表に支持者はひとまずほっとした様子だったが、30分後の2回目の開票速報で松山氏3600に対し荒川氏が3000に迫ると息を飲んだ。しかし、午後11時15分ごろ、当選が分かると支持者から大きな拍手が起こり、高尾嘉興・選対本部長が「やっと当選が決定しました。一致結束し、必死で頑張っていただいたおかげです」と勝利宣言した。
 
 拍手で迎えられた松山氏は、支持者や市民に感謝の気持ちを表したあと、「今までは市民による、市民のための、市民の政治をしたいと頑張ってきたが、(2期目は)市民をど真ん中において福知山市政をなんとかしていきたい。みなさんの幸せのため、福知山に住んで良かった、住んでみたいという言葉が出てくることを願いながら、行政を担当したい」と決意を語った。
 
 松山氏は市政の変革を掲げ2008年6月、自民、公明が推薦、民主が支持した当時の現職候補を破って初当選。しかし、長年行われてきた下水道使用料の賦課漏れや市土地開発公社の不適切な決算処理などが、就任後に相次いで発覚し、批判を受けた。
 
 選挙戦で松山氏は、一連の不祥事について「発覚はガラス張りの市政にした結果」と強調。一方、市民とともに歩む市政の実現や農産物の丹波福知山ブランドの育成のほか、市役所を「市民の役に立つ所」にしていくと繰り返し訴えた。
 
 告示日の約1カ月前には自民党京都府連が松山氏の推薦を決定し、選挙期間中は党の国会議員が駆け付けるなどして支援を受けたほか、連合京都などの推薦もあり、組織力を生かして戦った。
 
 荒川氏は、現市政に疑問を感じて松山氏の出馬表明から約2カ月後の4月上旬に表明。市議4人と結成した政治団体・福知山維新の会の会長として3月中旬以降、朝立ちや辻立ちを繰り返し、告示日以降も現市政の不祥事体質の根源を断つことや、市民交流プラザふくちやまの建設計画中止など市政の抜本的な改革を掲げたが、及ばなかった。
 
 杉本氏は市民が主人公の民主市政をつくる会が擁立し、くらし最優先の市政への転換を訴えたが、出馬表明が5月中旬と、出遅れたことが影響した。1人で選挙戦を戦った衣川氏は公共事業を増やし失業者ゼロにすることなどを公約にしたが、いずれも支持を広げることができなかった。
 
 当日の有権者数は6万4390人。投票者数は3万5237人で有効投票総数は3万4770票だった。
 
 松山氏は前回市長選より1919票上積みした。荒川氏は現職の批判票や無党派層の票を得て、松山氏に5329票差まで迫った。杉本氏の獲得票は3428票、衣川氏は1019票だった。
 
 福知山市は、財政、人口減少、若者の就職難などさまざまな課題を抱えている。2期目を託された松山氏の手腕が試される。
 
 
写真=当選を喜び、万歳をする松山氏(中央)


当選者の略歴
松山 正治 74 無現=自民推薦
 市長元府立海洋高校長、府教育庁次長、市体協会長、東京農大卒。川北、当2
 
【関連ニュース】
 ・速報:福知山市長選 4氏が立候補
 
 ・市長選:戦後最多の4氏で激戦。期日前投票も始まる
 
 ・市長選:10日投票へ折り返し 個人演説会で訴え
 
 ・市長選:運動あす限り 票の上積みへ全力注ぐ4陣営
 
 ・市長選:開票始まる 投票率は54・72%(速報)
 
 ・市長選:松山氏再選(速報)
 
 ・市長選:荒川氏「信念貫き戦い続ける」
 
 ・市長選:松山氏が再選果たす 新人3候補及ばず
 
 ・市長選:市民基軸に市政を 一夜明け松山氏

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ