WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年6月10日のニュース

インターハイ:成美高女子ソフトテニス部が京都府予選で1、2位

0609seibi.jpg
 福知山市水内、福知山成美高校の女子ソフトテニス部の2ペアが、そろってインターハイ(全国高校総体)個人戦に出場する。98ペアが出場して、このほど丹波自然運動公園コートであった京都府予選で優勝、準優勝して府代表をつかんだ。

 優勝は山本栞選手(有馬中出身・三重)と松本朋子選手(大宇陀中出身・奈良)のダブル後衛2年生ペア。
 
 入学直後から組んで、昨年は府準優勝で1年生ながらインターハイに出て4回戦まで進んだ。その後も、府レベルでは敵なしの強さで快進撃を続けてきた。
 
 府予選は全6戦のうち4戦をセットカウント4−0で快勝した。しかし、準々決勝で京都光華ペアに4−3と粘られるなど自分たちの弱さに直面した大会でもあった。
 
 「ダメだったところはわかっています。しっかりと修正して、インターハイの目標はもちろん優勝」。乗り越える壁の先に、全国の頂を見据える。
 
 準優勝は、後衛で2年生の河村佳奈選手(西城陽中出身・京都)と前衛で1年生の川見桃子選手(和田山中・兵庫)のペア。
 
 ペア結成1カ月足らずの府予選だったが「良い感じでいけた」と手ごたえ。4回戦と準決勝で京都光華ペアに4−3と苦戦しながら勝ち上がった。決勝の同校対決は山本・松本ペアに2−4で及ばなかったが、初のインターハイへの切符をつかんだ。
 
 「目標は大きく優勝」と笑い「まずは自分たちのスタイルを組み立てられるようにしたい」とペアの成長を誓った。
 インターハイは8月8日から10日まで、新潟市庭球場で行われる。

■団体は近畿出場■

 成美高女子部は、7月21日から丹波自然運動公園コートで開催される近畿高校選手権大会に出場する。
 
 24校が出場して同コートで開かれた府予選で準優勝した。決勝は前日の個人戦でも接戦を演じた京都光華と対決したが、2−1で敗れた。


写真上=府予選優勝の山本(左)・松本ペア
写真下=府予選準優勝の河村(左)・川見ペア

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ