WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年5月26日のニュース

危険!農業用水路に注射針 不法投棄10回も

t0526touki.jpg 福知山市の農業用水路に、注射針がたびたび不法投棄されている。医療系廃棄物は感染症の恐れなどもあって危険だとして、関係機関は監視を強化するとともに、「絶対に投棄しないでほしい」との呼びかけをしている。

 不法投棄されているのは、近隣市を結ぶ幹線道路に接する農業用水路。昨年5月ごろから見られるようになり、啓発看板を設置し、監視員が巡回して継続監視を続けてきた。
 
 捨てられていた針を調べたところ、いずれも、糖尿病患者が在宅で使うインスリン自己注射のセットだった。手指に刺して血液の血糖値を図るための針や、インスリンを自分で注射するための針など、医療機関で処方される2週間分ずつ投棄されていた。
 
 一つ一つは小さいこともあり、農業用水を使う農家や水遊びをする子ども、清掃をする人たちが気づかず、針が刺さってしまう恐れがある。「糖尿病そのものは感染しないが、別の病気を併発している患者が使った針だった場合には感染しかねない」として、府中丹西保健所と福知山市は昨年8月、医師会や医療機関に患者への指導徹底を要請。それでも投棄は無くならず、今月16日には10回目の投棄が確認された。
 
 在宅用の注射針などは、処方された医療機関などで無償回収するようになっており、保健所などは「こっそり捨てるより、次回処方時に医療機関へ持参を」と呼びかけている。
 
 
写真=農業用水路に捨てられていたインスリン自己注射用関係の針

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ