WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月23日のニュース

福知山線事故から7年 JR西労が鎮魂の風船109個飛ばす

0423fusen.jpg
 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故から7年となる25日を前に、JR西日本労働組合福知山地方本部が事故の犠牲者らを追悼する集会を開いた。福知山市大江町北有路の日本キリスト教団大江野の花教会で行い、鎮魂と安全への思いを込めた風船を飛ばした。

 事故は2005年4月25日に発生し、乗客106人と運転士1人が亡くなった。福知山地方本部では07年から集会を開いている。
 
 今年の集会は21日に行い、組合員やその家族、OBらが出席。福知山地方本部の坂本正雄執行委員長が「107人の御霊(みたま)はまだ現地でとどまっている。会社が事故の原因を明らかにすることで御霊は救われる。今後も安全で便利な鉄道になるために頑張りたい」と述べた。
 
 続いて追悼礼拝があり、讃美歌を歌い、野の花教会の人見勝牧師の祈りに聴き入った。このあと教会前の庭で、事故で死亡した乗客106人と運転士、事故に関連して亡くなった2人を合わせた109人分の水溶性風船を飛ばした。
 
 風船には「109人の御霊安らかに」「人の命を大切にする鉄道にします」などのメッセージを添えた。組合員たちは空高く飛んでいく風船に、安全への思いを託した。
 
 
写真=教会前の庭で風船を飛ばす出席者たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ