WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月21日のニュース

“空き家”をリフォーム ハチの巣に鳥が住む

0421hatinosu.jpg
 福知山市雲原、大江山鬼そば屋(荒砂和浩さん経営)の母屋2階軒下に、直径40センチほどの大きなスズメバチの巣がある。ハチがいなくなって久しく、縁起ものとしてそのまま置いていたが、ひょんなことで新しい住人がいることが分かった。ヒヨドリがハチの巣をリフォームして新居を構えていた。

 ハチの巣近くの壁に店のパトライトを設置する電気配線工事の最中に分かった。18日に屋根に上った工事業者が目を凝らすと、ハチの巣の中でヒナたちが口を開けていたという。
 
 ハチの巣がある場所は、2階の開かずの間の前にある軒下。人の気配がなく、雨風もしのげるとあって、子育てする親鳥にとって「良い物件」だったようだ。
 
 入り口用に穴を開けて、中にはワラを敷き詰めてうまく再利用している。
0421hina.jpg
 
 荒砂さんは「様子を見に行ったら親鳥が心配そうにざわつくので、刺激しないようにしています。ハチの巣は長年あるけど、まさか鳥の巣になっているとは…」。
 
 一家に見守られ、ヒナたちは無事巣立ったよう。20日に店の前で飛ぶ練習をしているヒヨドリを見て「あの鳥は巣立った子かな」と荒砂さんは笑みを向けた。
 
 
写真上=ヒヨドリが巣に使ったスズメバチの巣(20日撮影)
写真下=ハチの巣の新居で口を開けるヒナ(18日撮影、荒砂さん提供)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ