WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月16日のニュース

きょう、茶の萌芽宣言 福知山・綾部・舞鶴で

0416hougasengen.jpg
 気候の関係で遅れていた茶の生育が、ここへ来て進み、京都府中丹西、東両農業改良普及センターは16日、福知山、綾部、舞鶴各市の茶に萌芽宣言をした。新芽の長さが一定の条件になったことを指し、1カ月後が茶摘みの開始時期となる。

 福知山市と綾部市では平年より3日、舞鶴市は4日遅い宣言となった。
 
 中丹地方は宇治茶として全国に流通している高級茶の産地。福知山市興などの由良川沿いでは、朝から多くの農家が茶園に出て、世話に励んでいる。
 
 新興茶業組合の元組合長で、品評会の出品茶が農林水産大臣賞にも輝いた田中真佐留さん(80)、千鶴さん(75)夫婦も、朝からせっせと肥料を施しながら、萌芽宣言の知らせを聞いた。
 
 全部で約25アール管理している茶園全てに黒い遮光ネットを張り巡らしていて、天気予報を見ながら毎日開閉作業をしている。「今年は2月、3月が寒い日の連続となり、生育が遅れましたが、一番大事なのは、これから茶摘みまでの天候」だと話す。
 
 昨年は収穫期に水害に襲われた分、「今年は穏やかな天候で、よいお茶がたくさん出荷できるといいねえ」と期待の笑顔を見せていた。
 
 
写真=生育が進む茶の木を見守る田中さん夫婦(16日午前10時過ぎ、興で)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ