WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月14日のニュース

力強い筆運びが来場者魅了 三和荘で故・岡村鬼城氏遺作展

0414okamura.jpg
 福知山市三和町寺尾の三和荘ギャラリーで、郷土が生んだ書家、故・岡村鬼城氏=同町芦渕出身=の遺作展が開かれている。力強い筆運びの作品が並び、来場者を魅了している。入場無料。

 35歳で書道研究・翠光会を設立し、書道普及に努め、5年後に日展に初出品して入選し、日展五科会員に推挙された。その後、日中友好書道学会や京都書写教育協会を設立。国内だけでなくアメリカ、中国で各2回の個展を開くなど活躍しつつ、1991年に76歳で亡くなった。多くの門下生を輩出している。
 
 遺作展はNPO法人丹波・みわが生家に残る作品を見てもらう機会をと、計画した。禅語「青松多寿色」を書いた掛け軸、与謝蕪村の俳句「待人のあし音遠き落葉かな」を題材にした額物、茶道の心が集約された「和敬静寂」と書いた掛け軸など15点が並んでいる。
 
 会期は前半が19日まで、後半が5月3日から13日まで。時間は午前9時から午後9時まで。後半に一部作品を入れ替える予定。
 
 
写真=生家に残る作品が並ぶギャラリー

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ