WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月11日のニュース

工事着手から30年 国道9号高架・4車線化が14年度完成

0411hori.jpg
 北近畿の大動脈、国道9号の福知山市長田野−自衛隊下交差点間の高架・4車線化工事が、再来年2014年度に完了することが分かった。着工から30年。市民が待ち続けた開通が、やっとかなう時が来た。

 国土交通省は長田野から新庄・国道429号交差点の先までの5・8キロ区間を「福知山道路」として4車線化事業に取り組んできた。長田野側の土師工区は1978年(昭和53年)に事業化し、81年に用地着手。84年に工事着手していた。
 
 国道は土師で交通量の多い府道福知山綾部線と合流し、土師川橋を挟んで毎日渋滞が起きていたが、長田野から東堀へ抜ける土師バイパス(土師高架橋・新土師川橋)が91年(平成3年)に暫定2車線で開通し、交通混雑が緩和された。それでも朝夕の渋滞は残り、特に行楽期には大渋滞となり、残る区間の高架化と全区間の4車線化が待たれていた。
 
 しかし社会情勢などもあって、工事の進みはゆっくりとしたペースになってしまい、完成時期がいつになるのか分からないまま、市民は辛抱強く待ち続けているところだった。
 
 国の新年度予算成立を受けて、国交省は全国の予算配分を発表。この中に、福知山道路に6億4000万円を付けたことが含まれていた。
 
 予算要求にあたり、近畿地方整備局は事業費として6億6000万円を求めた。これには、完成への強い意気込みを示すため供用目標を設定し、「供用必要額」として5−6億円程度との数字を挙げ、結果として要求額の満額に近い予算が認められた。
 
 福知山河川国道事務所によると、これで来年度中に土師バイパス部分を4車線化でき、再来年度中に自衛隊下までを完成させられる。道路を担当する山田雅義副所長は「後はひたすら工事を頑張るだけ。地元のみなさんのご協力をいただきながら進めていきたい」と話している。
 
 自衛隊下から北羽合までの駅南区間はすでに4車線化できており、引き続き新庄までの4車線化に取り組んでいく。

■夜久野トンネル地元説明を開始■

 国道9号関係では、ほかにも長年の懸案になっている夜久野トンネル改良に5000万円が認められた。旧市域と夜久野町域の境のようにもなっているトンネルで、古く狭いため、上部を切り開くオープンカットが計画されている。今年度は調査設計を行い、計画の地元説明に入るという。
 
 
写真=高架橋の工事が進む国道9号(堀区間)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ