WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月11日のニュース

進路:成美は国公立40人、私立328人合格 プロ野球選手も輩出

 福知山市水内の福知山成美高校(玉木正弘校長)は、2011年度の進路状況をまとめた。進学では、京都大など難関の国公立大に多数が合格。就職は、1次試験で75%が内定を受けるなど幸先良いスタートを切り、日立造船などの大手や地元企業、プロ野球の世界に進む生徒も輩出した。

 今春の卒業生は317人。このうち進学したのは7割超の240人で、内訳は国公立大27人、私立大161人、短期大学16人、専門学校には36人が進んだ。就職は58人。浪人16人、その他3人だった。
 
 国公立大は、延べ40人(うち浪人5人)が合格。京都1人のほか大阪4人、神戸3人、一橋に1人が受かり、京都教育に2人、京都府立、京都府立医科にも各1人が合格した。
 
 私立大は、慶応義塾3人、早稲田2人、明治4人など難関に多くが合格。関関同立にも延べ55人が受かり、合計は延べ328人(同15人)だった。
 
 進学指導部の吉田勝之部長は「試験は団体戦という気持ちで、放課後の補習や夏季講習などを行ってきた。生徒たちも、自主学習をするなど努力してくれた」という。
 
 就職は、プロ野球の横浜DeNAベイスターズに1人が入団したほか、トヨタ自動車や地元に工場のあるナガセケムテックス、武田ヘルスケア、日東精工などに勤める生徒も多かった。
 
 福知山女子高からの編入生のうち、就職を希望した生徒についても、事務職やサービス業などに全員就職が決まった。
 
 就職指導部の兒島裕之部長は「面接のために、自己分析がしっかりと出来るように指導しました。企業が求める生徒像とのミスマッチが少なかったことも、良い結果につながった」と話していた。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ