WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月10日のニュース

全国大会誘致へ高まる期待 bjリーグ選手招き子どもたちの体験教室

0410basuke.jpg 福知山市猪崎の市三段池公園総合体育館に、バスケットボール用ゴールが完成したことを記念して、福知山市と市体育協会が9日、同体育館でプロ選手を招いての体験教室を開いた。市内の小中高校生95人が参加して、競技に親しんだ。

 体育館メーンアリーナに移動式2セット、サブアリーナに固定式1セットを新設した。
 
 体験教室はメーンアリーナで実施。bjリーグの京都ハンナリーズから、ババカ・カマラ選手(30)、リック・リカート選手(29)、井上裕介選手(29)、村上直選手(25)の4人が来福した。
 
 腰を落として構えるスタンス、色々なボールハンドリングで体をほぐしてから、年齢別の4グループに分かれて練習した。
 
 選手たちは積極的に子どもたちに話しかけて指導。ボールが手に吸い込まれるようなドリブルや豪快なダンクシュートの演出もあり、子どもたちが歓声をあげた。一流のプレーを目の当たりにして、バスケットボールの魅力にぐいぐい引き込まれていた。
 
 松山正治市長は「ゴール新設を好機に福知山のバスケットボールが盛り上がっていけばうれしい。設備が整ったのでプロの試合をぜひ三段池でやってもらいたい」と期待。冨士原正人・市体協会長も「子どもたちがバスケットボールに興味を持てるきっかけになる。バスケットボール協会など関係機関と連携して全国レベルの大会誘致にも頑張りたい」と話していた。
 
 
写真=身長211センチのババカ選手(左)と一緒にドリブル練習を楽しむ子どもたち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ