WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月 9日のニュース

知事に鳥獣害対策など要望 夜久野で意見交換会

0409waiwa.jpg
 福知山市夜久野高原、道の駅「農匠の郷」で8日、第122回知事と和ぃ和ぃミーティングがあった。山田啓二・京都府知事を囲んで、大切な地域の資源を守り育て次代につなぐ取り組みを進めているメンバーたちが、今後の地域活性化について意見交換をした。

 山田知事が府内各地に出向き、府民と語り合い、要望を府政に反映させようと開いている。福知山市では昨年、北近畿タンゴ鉄道(KTR)の列車内を会場に行ったが、夜久野町での開催は初めて。
 
 今回の参加者は、やくの高原まつり企楽部の小田垣裕一部長▽やくの木と漆の館の高橋治子館長▽やくの農業振興団の中島俊則代表取締役▽野いちごDON太鼓の夜久早百合代表の4人。
 
 ミーティングでは、会場を埋め尽くす地域住民たちが見守る中、それぞれが活動内容や現状報告、山田知事への要望などを発表した。
 
 やくの農業振興団の中島代表取締役は、一番の問題として鳥獣害問題を挙げ、「国単位の広い視野で問題解決に取り組んでほしい」と要請した。
 
 これを受け、山田知事は「どこに行っても深刻な問題。滋賀や兵庫県とも連携して、徹底的に対策を打っていきたい」と前向きな姿勢を見せた。
 
 そのほか地域住民からも府道整備の依頼、東日本大震災のがれき受け入れ問題についての質問などが飛び出し、山田知事は丁寧に返答していた。
 
 意見交換に先立ち、市やくの木と漆の館で、山田知事が高橋館長から教わりながら漆の絵付けを体験。野いちごDON太鼓、子ども太鼓「疾風」による歓迎太鼓の披露もあった。
 
 
写真=意見交換会に先立ち真剣な顔つきで漆の絵付けを体験する山田知事

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ