WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年4月 3日のニュース

自衛隊前「極楽坂」の桜、育苗した2世を植樹

0403gokuraku.jpg
 福知山市が、市道の拡幅工事に伴い伐採した福知山市天田、陸上自衛隊福知山駐屯地正門そば法面の桜14本の2世苗が3月30日、再び現地で植樹された。法面前の市道下り坂は「極楽坂」と呼ばれ、そこにあった大きな桜並木は長い間、隊員や周辺の人に親しまれてきた。これからは多くの人たちが、2世苗の成長を見守っていく。

 駐屯地や昔を知る人たちによると、駐屯地前から国道9号に向かう下り坂は、現在の隊の敷地にあった旧陸軍歩兵第20連隊のころに「極楽坂」と名付けられたというのが通説。当時の兵隊が、坂を下って街に繰り出すときの楽しい気分から来ているとされる。
 
 市は、道路工事用地にかかった樹木は移植して残すことを基本にしているが、極楽坂の桜は老木で大きく、斜面に植わって根も複雑で移植困難として伐採した。しかし、惜しむ声が多く、市都市緑化植物園に依頼して接ぎ木や挿し木で2世苗を育てていた。
 
 道路は市道菱屋堀線で、拡幅工事は2008年度から着手して3月30日に完了した。歩道のない旧道の道路幅員は側溝や路肩を入れても6・5メートル程度と狭かった。
 
 新道の幅員は車道6メートル、歩道2・5メートル、路肩1・5メートル。極楽坂前に広い歩道がつき「桜が大きくなって咲いたらゆったりと見られる。きっと名所になるのでは」と、隊員たちは目を細める。
 
 2世苗は高さ1メートルほどで、幹も枝もまだまだ細いが、花芽をつけているものもあり、今シーズンから咲きそう。
 
 
写真=拡幅工事が行われた道路沿いに植えられた2世苗

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ