WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年3月29日のニュース

高校野球女子選抜:ナックル姫が直球で始球式 丹波連合出身の吉田えり投手

0329yosida.jpg
 全国高校女子硬式野球選抜大会の始球式を、関西独立リーグ・兵庫ブルーサンダーズ(三田市)の吉田えり投手(20)が務めた。「ナックル姫」の愛称で親しまれる吉田投手だが、この日は直球でストライクを決め、後輩たちの球春開幕を祝った。

 吉田投手は川崎北高校1年生だった2007年の選抜大会で丹波連合に参加してマウンドに立ち、硬式野球の初試合を経験した。
 
 変化球のナックルを武器に、関西独立リーグの神戸9クルーズからドラフト指名されてプロ選手となり、一躍全国の人気者に。アメリカの独立リーグを経て、今年日本球界に復帰している。
 
 小学校2年から野球を始め、中学では学校のチームでレギュラーとして活躍したものの、高校に進むと男子と一緒には練習できず、クラブチームに所属。「周りは大人ばかりで試合には出られないし、この女子選抜に出場できたのがとてもうれしかったです」と振り返り、「野球がしたくてもできない環境にいる女子が多い」と、貴重な機会になっているこの大会と丹波連合の意義を強調する吉田投手。
 
 女子野球の人気が高まり、自分が出場していた時に比べてスタンドの観客が増えていることを喜び、写真撮影やサインを求められるたび、気さくに応じていた。
 
 
写真=始球式で後輩たちにエールの直球を投げ込む吉田投手
 
【関連ニュース】
 ・全国高校女子野球選抜大会 福知山成美が準優勝
 
 ・高校野球女子選抜:決勝戦は福知山成美―埼玉栄
 
 ・高校野球女子選抜:福知山成美4強進出 1日に準決・決勝戦
 
 ・高校野球女子選抜:福知山成美接戦落とす
 
 ・高校野球女子選抜:ナックル姫が直球で始球式 丹波連合出身の吉田えり投手
 
 ・高校野球女子選抜:福知山成美初戦は快勝
 
 ・高校野球女子選抜:カラフル7色のユニホーム 被災地に元気をと選手宣誓
 
 ・高校野球女子選抜:全力で野球がしたい! 丹波連合に全国10校から13選手
 
 ・高校野球女子選抜:28日開幕 全国から高校7チーム

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ