WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年3月26日のニュース

雪の朝にタケノコ初出荷 きょう報恩寺地区で

0326takenoko.jpg
 福知山市報恩寺地区で、春を代表する味・タケノコの出荷が26日から始まった。「報恩寺筍生産グループ」が集荷作業をし、生産農家は雪が降る竹林で朝掘りしたタケノコを持ち込んだ。初出荷は昨年より4日遅い。

 報恩寺タケノコは「えぐみがなく、柔らかい」と評判で、全国に待ちわびる人がいる。
 
 地元の集荷場ではグループのメンバーが土がついたままのタケノコを、上、中、小の3ランクに選別。「初日にしては大きくて立派なものがある」と喜びながら、箱詰めをしていた。
 
 今年は収穫が少ない「裏年」にあたる。大槻久雄代表(79)は「初出荷の日に雪が降るのは珍しい。昨年は30トンの収穫量がありましたが、今年は20トンから25トンと予想しています」と話していた。
 
 集荷日には小売りをしている。出荷は5月4日ごろまで続く予定で、最盛期は4月中旬。問い合わせは電話0773(32)0334の事務所へ。
 
 
写真=土がついたタケノコを箱詰めするメンバー(26日午前9時ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ