WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年3月22日のニュース

地域を元気にと6つの角度からコトおこし 公共人材開発機構が報告会

0322kotookosi.jpg
 地域を元気にする人を育てる一般財団法人地域公共人材開発機構は、24日午後1時から福知山市西小谷ケ丘、成美大学で「地域コトおこし実践者講座」成果報告会を開く。大江山ルート開発、地域の仕事おこし、観光客誘致などの地域課題に取り組んできた6グループが研究、実践報告をする。無料。

 地域が抱える課題を解決するために行動を起こすこと(コトおこし)を通じ、人材育成をと8カ月にわたり講演会やグループごとの研修、調査などをしてきた。この中から福知山市三和町ではコトおこし協議会が結成され、18日に初の事業として軽トラ市が開かれた。
 
 講座受講グループは、ほかに修学旅行の受け入れと地域経済、空き家・定住対策に取り組んだグループなどがあった。
 
 グループの一つ、大江山ルート開発グループは福知山、宮津、舞鶴市の自治会長や観光ガイドボランティアら7人で活動してきた。大江山を越えて福知山と宮津を結ぶ普甲峠を歩き、街道沿いの歴史を整理し「地元の人が見過ごしている貴重な資源」を掘り起こしてきた。報告会では、こうした取り組みを振り返りながら、街道の魅力アピールなどをしていく。
 
 申し込み不要。問い合わせは、同機構の京都北部オフィス、電話0773(45)3517。
 
 
写真=大江山を歩いて現地調査した結果などをまとめる、ルート開発グループのメンバーたち(上宮津公民館で)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ