WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年3月21日のニュース

献血は命のボランティア 福知山血液センターで親子体験会

0321kenketsu.jpg 福知山市長田野町、京都府福知山赤十字血液センターでこのほど、「楽しく学ぼう! 献血ワクワク未来体験」(市献血推進協議会主催)が開かれ、市内の親子ら26人が参加し、施設見学などで献血の必要性を理解した。

 18歳以下の青少年と保護者らが対象で、子らに将来、献血に協力してもらえるようにと、初めて企画した。
 
 最初に府赤十字血液センターの松田聰主事が献血について講話。東日本大震災の3カ月前までは血液不足だったが、震災直後は多くの人たちが協力したことを紹介し、「献血は命を救うボランティア。大人になったらぜひ協力して」と子らに呼びかけた。
 
 献血推進キャラクター「けんけつちゃん」が参加してのクイズもあり、「血液は体のどの部分で作られるか」などの質問に答えていた。
 
 このあと、供給準備室に行き、府北部の病院に届ける赤血球や血漿が入っている冷蔵庫、冷凍庫などを見た。献血バスも見学。車内には4基のベッドがあること、発電機が搭載されていることなどを知った。
 
 最後に参加者たちは、献血PR用のポスターやけんけつちゃんの塗り絵を描いた。ポスターは献血会場で貼り出すことを考えている。
 
 天津小学校3年生の芦田野乃華さんは「人の命を守る献血が大切なことが分かりました。大人になったら協力したい」と話していた。
 
 
写真=センターの供給準備室で赤血球などを見る参加者たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ