WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年3月 2日のニュース

全商検定6冠達成 大江高校の荒木祐斗君

03016kan.jpg
 福知山市大江町金屋の大江高校(佐藤優邦校長)で3年生を送る会が催され、この中で、全国商業高等学校協会主催の検定試験の6種目で1級合格(6冠)を達成したビジネス科学科3年、荒木祐斗君らを表彰した。6冠達成は、府北部で初めて。 

 荒木君が1級合格したのは、簿記実務、ワープロ実務、情報処理のビジネス情報部門とプログラミング部門、珠算・電卓実務の電卓部門、商業経済。昨年9月にプログラミング部門に合格し6冠を達成した。
 
 「(大江高には)ちょっと経済に興味があって、地元だったから進学した」といい、少しずつ取れる資格はとっておきたいと思い始め、この勉強に励むようになった。
 
 対策は、学校で放課後の時間を利用し打ち込んだ。他の生徒とともに同じ検定に向けた学習に取り組み、「周りが頑張っているから頑張れた」と振り返る。試験などと時期の重なる検定もあったが「今のうちにとっておいたら楽」だと、勉強をやめることはなかった。
 
 最も苦戦したという情報処理のプログラミング部門の勉強は、先生に長文を解説してもらって進めていくなどして合格した。
 
 荒木君は大学進学を決めており、「将来の目標は未定ですが、大学に入ってもたくさん資格を取りたい」と意気込んでいる。
 
 3−6冠を達成したのは7人で、同校で過去最多となった。3−5冠の同科3年生らの表彰もあり、ともに喜びを分かち合った。
 
 荒木君以外の合格者は次のみなさん。
 5冠=塩見怜可▽4冠=北園怜花、安達祐実▽3冠=大野明日香、國友ゆう、藤本忍
 
 
写真=3−6冠を達成した7人。前列右が荒木君

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ