WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年3月 2日のニュース

福知山市新年度予算(下)犯罪被害者に見舞金支給

0227yosan.jpg 福知山市は、犯罪に遭った本人や遺族を支援する「犯罪被害者等支援条例」に基づき、見舞金を支給する予算を計上している。「故意の犯罪行為により、犯罪被害者等になったもので、必要と認めたものに対して、見舞金を支給する」ことにしていて、遺族に30万円、障害を負った場合は10万円を支給する。啓発費を含め43万円を計上した。条例制定案は3月1日に開会の市議会3月定例会に提案し、可決されれば4月1日から施行される予定。

■弁護士の法律相談、定員増やし時間延長■
 
 毎月実施する定例相談のうち、弁護士が相談に乗る法律相談については、定員を10人から12人に増やし、相談時間を延長する。法律相談は今年度、定員を超えるケースが多かったため。京都弁護士会への委託料を含め市民相談事業として165万4千円を計上した。
 
 小、中学生の不登校対策として、小学校に配置している教員免許保持者の訪問指導員を3人から4人に、教育相談を充実させるため臨床心理士の配置日数を週2・5日から3日にそれぞれ増やす。また、適応指導教室「けやき広場」に通うための交通費の一定額負担なども含め、心の安定基地つくり推進事業として737万円組んでいる。
 
 放課後児童クラブ運営には1億763万円を組んだ。支援学級に通う児童をサポートする支援指導員を増やすなどとしている。
 
■高齢者が楽しめるジャンボ麻雀を購入■

 人権ふれあいセンター等地域福祉事業には223万円計上。このなかで、大きくてつかみやすい牌の「コミュニケーション麻雀(マージャン)」を購入する。
 
 以前から高齢者に集まってもらう催しをしているが、女性が中心で、男性にも来てもらいたいという思いがある。また、頭の体操になるとして、近年はゲームとしての麻雀が注目を集めており、高齢者や障害者が楽しみながらリハビリや介護予防につなげてほしいという。
 
 
写真=高齢者らに楽しんでもらうコミュニケーション麻雀
 
【関連ニュース】
 ・一般会計4.8%減の376億円 福知山市新年度予算案
 
 ・新年度予算:市民税11%の増収見込む
 
 ・福知山市が機構改革 災害に備え危機管理室を設置
 
 ・新年度予算(上)住民データをバックアップ
 
 ・新年度予算(中)有害鳥獣対策の補助拡充
 
 ・新年度予算(下)犯罪被害者に見舞金支給
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ