WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年2月29日のニュース

患者らにおいしいお茶を 京都ルネス病院でスタッフが講習

0229ocya.jpg
 福知山市末広町の京都ルネス病院(冨士原正人院長)で28日、お茶のいれ方講習が開かれ、病院スタッフがおいしくいれるコツを学んだ。

 病院の意見箱の中に「病院で飲んでいるお茶はおいしくない」との投書があったことから、患者においしいお茶を提供しようと講習会を開くことにした。
 
 看護助手を中心に、診療助手、新人看護師、事務職員の計約40人が受講。煎茶の売茶真流家元、正木義完・長安寺前住職の妻、千枝子さんと売茶真流の師範3人が講師を務めた。
 
 最初に千枝子さんらがいれた煎茶、烏龍茶を試飲。2回ずつ飲み比べ、甘さや渋さを実感した。このあと受講者を代表して、看護助手の細見匡臣さん(24)=兵庫県丹波市春日町=が、売茶真流に基づく煎茶の正しいいれ方の指導を受けた。
 
 師範らは「勢いよくいれるのではなく、ゆっくりと茶の色合いを見ながらいれるように」「急須は振らない」などとアドバイスしていた。
 
 細見さんは「すべてを均一にいれるのが難しかった。これからは自分の舌で味を確かめ、患者さんたちにおいしいお茶を出していきたい」と話していた。
 
 講習は看護師が箏を演奏する中で行われ、受講者たちはゆったりとした雰囲気でおもてなしの心を学んでいた。
 
 
写真=煎茶の正しいいれ方の実技を学ぶ細見さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ