WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年2月21日のニュース

「酒のない人生を生きる」 福知山断酒会が30周年

0221dansyu.jpg
 酒害に苦しむ人やその家族で作る府福知山断酒会が創立30周年を迎えた。福知山市昭和新町の府立中丹勤労者福祉会館で19日に記念大会を開き、節目の年に断酒の誓いを新たにした。

 1974年に京都府断酒会平安会福知山支部として発足し、8年後に福知山断酒会となった。毎週木曜日には、同会館で例会を開き、酒で苦しんできた同じ境遇の会員が赤裸々に語り合い、酒に溺れた日々を反省し、仲間と励まし合うことで断酒を続けている。
 
 約200人が出席した記念大会で小雲会長は、昨年亡くなった土手前会長との思い出や功績に触れ、「残された我々は、みんなで力を合わせて断酒を頑張るので、よろしくお願いします」とあいさつ。会員が「私たちは断酒の喜びを、酒害に悩む人たちに伝えます」「私は心の奥底から、酒のない人生を生きることを誓います」など、断酒の誓い、心の誓い、家族の誓いを読み上げた。
 
 体験発表では会員が、失職を重ねて酒に逃げ、体調を崩して入退院を繰り返したことや、酒が飲めるように努力した結果、アルコールに依存するようになったことなどを告白。
 
 断酒会に入会し、例会に出席して「自分の気持ちを正直に話すことで気持ちが楽になった」「同じ立場の人なのでしゃべりやすい」として、「家族のためにも断酒を続けたい」と力強く語った。
 
 
写真=断酒の誓いを新たにした

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ