WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年2月19日のニュース

高齢者が運転の事故多発 京都府警が免許の自主返納促すリーフレット

0217rifuretto.jpg
 京都府警は、高齢者に安全運転と運転免許の自主返納を呼びかけるリーフレットを作った。府内で発生した自動車事故で、高齢の父親を亡くした息子がつづった手紙を掲載しており、福知山署でも啓発活動などで高齢者らに配る予定にしている。

 昨年発生した府内の交通事故のうち、高齢者の関わる事故は半数以上を占めている。このため高齢者事故防止対策の一環として、府警本部交通企画課が2万5000部作成した。
 
 高齢者のいる家庭で、運転免許の自主返納を見据えた話し合いをするきっかけになればと、府警に寄稿された「八十三歳で逝った父へ」「親父へ」という2通の手紙を紹介している。
 
 どちらも高齢の父親を自動車事故で亡くした息子が、事故後に素直な気持ちを記したもの。「今思えば、あのとき運転免許を返させていたら」など、後悔の言葉がつづられている。
 
 福知山市内でも、高齢者による事故が後を絶たない。最近も、高齢男性(82)の運転する乗用車が、赤信号を見落として交差点に進入し、トラックと接触する事故があった。
 
 福知山署の衣笠巧交通課長は「これ以上悲しむ人を無くすためにも、事故を起こす前に、家族が勇気を持って高齢者に自主返納を促してほしい」と話している。
 
 運転免許の自主返納についての相談、問い合わせは、電話(22)2339の交通安全協会窓口へ。
 
 
写真=高齢者に運転免許の自主返納を呼びかけるリーフレット

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ