WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年2月18日のニュース

どかっと大雪 福知山の山間部は1メートル超す

0218kumohara.jpg
 冬型の気圧配置が強まり、福知山市では17日夜から18日朝にかけて一気に雪が積もった。午前11時現在、篠尾の積雪は38センチ。土曜日とあって休日の企業が多く、道路の渋滞はあまりなかったものの、山間部は根雪の上に新雪が積もり、積雪が1メートルを超える場所も多かった。鉄道ダイヤも大幅に乱れ、山間部で通行止めになる道路もみられた。

 午前11時現在の市内の主な積雪は、登尾112センチ、雲原103センチ、夜久野町今里105センチ、同町田谷100センチ、大江町仏性寺100センチ、同町金屋38センチ、三和町草山23センチ、同町高橋(台頭)29センチ。
 
 冷え込みも厳しく、午前9時現在の気温は、篠尾で氷点下1・7度、雲原では氷点下3・1度となっている。
 気象庁によると、近畿地方は強い冬型の気圧配置が続き、北部では夕方まで雪が降り続く。19日には緩む見込みだが、朝は厳しい冷え込みが予想されている。

■JR、KTRで特急の運転休止■

 JR西日本の山陰、福知山線などは、ダイヤが乱れている。京都や大阪を結ぶ特急列車は18日午前中、軒並み運転を取りやめ、普通列車は間引き運転をしている状態。
 
 北近畿タンゴ鉄道(KTR)の宮福線は午前10時現在、JR線に乗り入れている一部の特急列車の運転を休止。他の列車はダイヤの乱れがあるものの、通常運転している。

■通行止め道路も■

 道路は、国道426号が午前5時ごろから同9時すぎまで通行止めとなった。福知山市中佐々木で大型車両が立ち往生したため。舞鶴若狭自動車道は午前11時現在、春日インター−舞鶴東インター間が通行止めとなっている。
 そのほかの幹線道路も路面に雪が積もり、車両は低速で走行。歩道が雪で通れず、車道を歩く人も多く見られた。

■スリップ事故相次ぐ■

 福知山署によると、市内各地で車のスリップ事故が相次ぎ、17日夜から18日午前10時までに約20件の物損事故の届け出があった。さらに増えるとみている。

■集落すっぽり 雲原地区■

 午前9時現在で1メートルの積雪となっている雲原。集落がすっぽりと雪に覆われ、住民たちは朝から雪かきに追われた。
 
 両丹日日新聞に写真を寄せた読者は「同じ雲原でも倍ほど積もる地域があり、一人暮らしのお年寄りが心配です」と話していた。
 
 
写真=降りやまぬ雪の中、住民たちが除雪に追われる(雲原の読者提供)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ