WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年2月 4日のニュース

雪を分けて「鬼は外」 鬼伝説のまち大江の元伊勢内宮神社で三鬼打ち

0204sankiuchi.jpg
 鬼伝説が残る大江山の麓、福知山市大江町内宮の元伊勢内宮皇大神社で3日、節分祭があり、恒例の三鬼打ち神事で参拝者たちが1年間無事に過ごせるようにと、3匹の鬼たちに豆をまいた。

 境内は先日来の雪で70−80センチの積雪があり、訪れた人たちは雪を分けて参拝。佐藤仁禰宜(ねぎ)が「三鬼を払って天下泰平なり」の口上を唱えたあと、「病鬼」「陰鬼」「貧鬼」の鬼たちが長い金棒を振り参拝者たちを威嚇した。
 
 「鬼は外」「福は内」と一斉に豆がまかれると、鬼たちはたくさんの豆つぶてに耐えられず、降り積もった雪の間を逃げ回り、拝殿前に追い込まれた。最後はお払いを受け改心し、おたふくの面をつけた「元気」「陽気」「富貴」に変身。鬼の顔を見て泣いていた子どもも笑顔になった。
 
 綾部市月見町の清水美桜子さん(41)は家族3人で参拝。「こんなにたくさんの雪が積もる中で参拝したのは初めて。家族の健康を願って豆をまきました」と話していた。
 
 
写真=金棒で参拝者たちを威嚇する鬼

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ