WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月28日のニュース

車のトラブル、半数はバッテリー上がり JAF京都支部

0128jaf.jpg
 年末年始に多かった自動車トラブルはバッテリー上がりで、全体のほぼ半数にのぼったことが、JAF京都支部のまとめでわかった。

 12月30日から1月3日にかけて、ロードサービスを行った件数は一般道1156件(前年比15・9%減)、高速道22件(同71・1%減)の計1178件だった。原因別ではバッテリー上がり(過放電バッテリー)が542件で全体の46・01%を占めた。次いで多いのがタイヤのパンク(バースト、エア圧不足含む)の123件、10・44%。3位はキーの閉じ込み88件、7・47%。以下、落輪48件、燃料切れ44件、破損バッテリー40件、事故40件などとなっている。
 
 出動件数は、前年が大みそかから元日にかけて大雪に見舞われ、救援要請が殺到したが、今年は穏やかな天候だったことから「落ち着いた件数」になったという。また高速道は、無料化とETC休日上限1000円制度が昨年6月で終了したことから「目立った帰省渋滞がなかった」こともあって、出動件数が大幅に減った。
 
 なお全国の原因別は、過放電1万6797件、タイヤのパンク4202件、キー閉じ込み3756件、落輪3362件の順。JAFは「お出かけの前には車のチェックを」と呼びかけている。

■大雪で府北部の救援出動急増中 23、24日は倍に■

 JAF京都支部は27日、大雪関連の速報を発表した。雪が降り出した23、24両日の救援出動状況をまとめたもので、福知山市以北の府北部は昨年の倍になった。
 
 23日の出動は37件で前年の2・47倍。24日は61件で1・97倍だった。路面凍結による落輪・落ち込みが全体の35・7%。気温低下によるバッテリー上がりも多く見られたという。
 
 
写真=寒い時期はバッテリーが上がりやすくなる

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ