WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月23日のニュース

京都府が「原子力防災のしおり」改訂版 福知山市などで全戸配布

0123takahama.jpg
 京都府が府民向け冊子「原子力防災のしおり」を新たに13万2000部作った。昨年8月に作成したものの改訂版。原子力発電所から30キロ圏内の区域を含む市町の全世帯へ約11万部を配布することにしており、一部が圏内となる福知山市にも、自治会経由で全戸配布される。圏外市町村でも、希望者には窓口で入手できるようにする。

 A4判で本文18蓮J射能と放射性物質の違い▽放射線のアルファ線、ベータ線、ガンマ線のそれぞれの性質▽外部被ばくと内部被ばくの違いなどをイラスト付きで解説。原子力災害が発生したら、どうすればいいのか▽日ごろ何を準備すればいいのかといったことも紹介している。
 
 具体的には、「屋内待避」指示が出た際には自宅や職場、最寄りの公共施設など建物の中にすみやかに入る。ドアや窓を閉め、換気扇を止める。外から帰ってきたら顔、手足を洗い、うがいをする。特に指示があった場合はシャワーを浴びて洗髪し、外で着ていた服をビニール袋に入れて袋の口をしっかり閉じることなどを挙げている。
 
 また国で検討されているPAZ(予防的防護措置を準備する区域)、UPZ(緊急時防護措置を準備する区域)の説明。新たに追加指定したものを含む対応医療機関16病院なども掲載している。
 
 
写真=高浜、大飯原発からの距離(「原子力防災のしおり」から)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ