WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月23日のニュース

文化財を火災から守れ 威光寺で住民らが訓練

0123kunren.jpg
 室町時代前期の作とされる木造金剛力士像がある福知山市下佐々木の威光寺で22日、文化財防火研修があり、地元の人や市消防団三岳分団員らが火災から貴重な文化財を守る訓練をした。

 市消防本部が1月の文化財防火運動期間に合わせて、毎年実施している。
 
 研修には約100人が参加。消防職員が文化財の火災で多い原因は、たき火の拡大と放火だと説明。火災を防ぐため、放火防止の強化と火気管理の徹底が重要として、巡回警備をする、たき火は消えるまで離れない−などの対策を話した。
 
 続いて実地訓練。寺を訪れた人が、落ち葉が燃えているのを発見し、山林に燃え移る恐れがあるという想定で行った。火災発生時にするべきことを参加者全員に把握してもらおうと、119番通報や文化財を持ち運ぶなどの役割を分担したり、住民と消防団員が放水するなどした。
 
 下佐々木自治会の年次紘則会長は「予防消防に徹し、火災を出さないようにしたい」と話していた。
 
 
写真=消火栓からホースをつなぎ放水する住民

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ