WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月22日のニュース

古民家再生(上):農家民宿4月にオープン 横浜から三和へ女性移住

0115furuma.jpg
 自然に包まれた農山村にあこがれ、神奈川県横浜市から福知山市三和町上川合に移り住んだ女性が、茅葺き屋根の古民家を使って農家民宿を営む準備を進めている。フリーで翻訳業をしながら、国際医療援助活動団体の一員としても活躍する沢田さやかさん(38)。府の認可が下りれば、4月にオープンする予定という。

 沢田さんは京田辺市出身。高校卒業後、国際的な視野を広げたいと渡米し、アイオワ州の大学で学び、学位を取得した。帰国後は、同志社大大学院で社会人類学を研究し、外資系の学術出版社で8年余り働いた。本社の合併を機に退職、25カ国を旅して翻訳の仕事を始めた。
 
 その一方で、NPO法人を設立してラオスの教育支援活動に取り組む父、京都教育大学名誉教授の沢田誠二さん(72)の影響を受け、09年に認定NPO法人国境なき医師団日本の一員に。
 
 自身の力を人道支援に役立てたいと、今までアフリカのマラウィ、スリランカ、エチオピアなどに派遣され、医療活動の後方支援をした。東日本大震災の被災地にも出向いた。
 
 農家民宿経営を思い立ったのは4年前。徳島県の祖谷渓にある農家民宿を外国人の仲間ら約10人で訪ねた際、雑魚寝をし、ともに食事づくりをした。参加者からは、大自然の景観も含め大好評だった。
 
 これを機に農家民宿経営の夢を抱き、その実現に向け、府北部を中心に15軒ほどの古民家を回り、09年春、上川合の物件に決めた。
 
 「川合川を挟んで小学校を望む高台にあり、家のそばには畑がある。谷間の景観が素晴らしく、思い描いていたイメージにぴったりだった」という。
 
 
写真=農家民宿開業へ向け準備に励む沢田さん
 
【関連ニュース】
 ・古民家再生(下):農山村の魅力伝えたいと沢田さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ