WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月21日のニュース

途上国の教育支援をと南陵中生徒会が書き損じハガキ回収開始

0121hagaki.jpg
 福知山市南岡町、南陵中学校(長野幸富校長、497人)の生徒会は、日本ユネスコ協会連盟の「世界寺子屋運動」に賛同して、書き損じハガキの回収活動を20日から始めた。

 寺子屋運動は途上国の教育支援活動で、その資金として書き損じハガキを集めている。南陵中生徒会は社会貢献にと、10年以上前から協力している。1枚45円になり、切手に交換後、企業の協力で現金化し、東南アジアの国々へ送る。
 
 今年も生徒会役員を中心に準備を進め、23日には各学級に回収箱を設置し、生徒らからハガキを募る。
 
 これに先立ち、地域の人にも協力してもらおうと、20日に役員が手分けして、福知山市役所と駅南町の書店・福島文進堂福知山本店、駅前町のホームセンター・コーナン福知山店を訪れ、回収箱設置を依頼した。
 
 市役所へは、生徒会長の貝谷亮太君(2年)と庶務の坂本佳世さん(同)が訪問。設置を快く受け入れてもらい、役員らで手作りした回収箱を正面玄関1階ロビーに置き、協力を呼びかけるポスター2枚を貼った。
 
 福島文進堂とコーナンでも、目の付きやすい場所に置いてもらった。3カ所の回収箱は31日に回収し、福知山ユネスコ協会に託すことにしている。
 
 貝谷君は「勉強したくても出来ない子どもたちのために、鉛筆やノートを買う手助けが出来ればうれしい」と話していた。
 
 
写真=市役所1階にも回収箱を設置した

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ