WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月20日のニュース

創建400年の春の大祭 23、24日に前田の愛宕神社

0120atago.jpg
 火除けの神として信仰を集める福知山市前田の愛宕神社で23、24両日、春の大祭が営まれる。今年は創建400年の大きな節目の年で、参道石段下の幟(のぼり)を新調した。

 福知山自動車学校の近く、通称・愛宕山の山頂にあり、京都・山城の愛宕神社の分霊がまつられている。神社縁起によると、江戸初期の慶長17年(1612)に創建された。その後、歴代藩主による手厚い保護を受け、現在は前田、土師両地区で管理し、毎年春と夏に祭りをしている。
 
 今回新調した幟は「奉納 愛宕神社」などと記した一対で、それぞれ長さ約10メートル、幅約1メートルあり、15日にさおに通して立てた。
 
 大祭は宵宮の23日が午後1時から同8時ごろまで、本祭の24日は午前8時から午後3時ごろまで。同日午前11時から神事がある。
 
 1年間の無火災を祈る火伏せの札は両日頒布し、こぶ茶の接待をする。
 
 今年の総代代表を務める前田の前田好治さんは「創建400年で、大がかりな改修や事業はしていませんが、拝殿の鈴の取り換えや参道石段下に神社の由来を記した看板を立てるなど準備を進めてきました。ぜひお参りください」と呼びかけている。
 
 
写真=参道階段下に立てられた新しい幟

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ