WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月12日のニュース

さとう自社企画・開発商品が好調 衣料と雑貨で独自ブランド

0111satou.jpg
■ S−Collection と E−Collection ■

 総合小売業のさとう(本社・福知山市上紺屋町、佐藤総二郎社長)は、独自に企画・開発した商品の販売に昨年から取り組み、好調な売れ行きを見せている。現在は紳士用ワイシャツと電波時計(2種類)を販売しており、状況を見ながら今後さらに商品群の拡充を図っていく考え。

 同社はこれまで、「生活愛彩」のブランド名の商品を販売してきた。これをさらに推し進めるため、新たな態勢を整えた。
 
 オリジナル商品の衣料品は「S−Collection(エス・コレクション)」で登録商標を申請中。雑貨はE−Collection(イー・コレクション)」のブランド名とし、すでに登録商標を取得した。
 
 取り組みの第一弾として、昨年10月から洗濯機で洗える紳士用ワイシャツを1枚970円で販売開始。ベーシックなオリジナルカラー29サイズ、ボタンダウン20サイズをそろえ、2カ月半で約1200枚を販売した。
 
 また、12月15日からはイーコレクション最初となる電波時計を販売。乾電池式で、目覚まし時計を998円、掛け時計を1480円に設定し、2週間で約800個が売れる人気ぶりだった。
 
 こうした好調さを背景に、同社は相次いで新商品の投入を計画している。エス・コレクションでは2月下旬に、紫外線カット機能付き婦人Tシャツ▽婦人スラックス▽婦人肌着綿100%シャツを発売。4月中旬には、紳士半袖ワイシャツも予定している。
 
 イー・コレクションでは、2月中旬から「シティサイクル・軽快車(自転車)」と文具「おりがみセット」、3月中旬には書道半紙(練習用)も予定している。両ブランドとも、状況を見ながら商品のバリエーションを広げていく方針。
 
 エス・コレクションは英語のスーペリア(優れた)、スタイリッシュ、セービング(経済的な)の頭文字の「S」から取った。またイー・コレクションはエコノミー(経済的な)、エクセレント(すぐれた)、エフィシェント(使いやすく)から名付けた。
 
 衣料品ブランドは、同社の福知山駅前店などさとうの4店舗とバザールタウン5店舗で販売。雑貨ブランドは、衣料品扱い店舗のほかフレッシュさとう、スーパーフレッシュさとう、フレッシュバザールなど合計40店と、グループのトヨダなどで販売する。
 
 
写真=独自開発しオリジナルブランドで販売しているワイシャツと電波時計

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ