WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月11日のニュース

「おサルさん大丈夫?」 花火打ち込み事件の市動物園に見舞いメール続々

0111sandanike.jpg
 福知山市猪崎、三段池公園の市動物園・猿ケ島に5人組の若い男が花火を打ち込んだ事件で、飼育されている26匹のサルたちを気遣う「お見舞いメール」が続々と園に寄せられている。

 事件は3日午前6時15分ごろに発生。約15分間にわたり、男たちがサルに向けて大量の花火を打ち込む姿が防犯カメラに映っていた。
 
 市は事件を6日に公表した。当初、サルたちにけがはないとしていたが、10歳の雄ザルの鼻のあたりに、やけどの痕と思われるかさぶたができていることが分かった。
 
 新聞やテレビで事件について報道されて以降、サルたちを心配して園を管理する市都市緑化協会に25件、市役所に2件のメールが千葉や静岡などから送られてきた。
 
 文面には「ケガをしたおさるさんは大丈夫ですか」「心の傷が癒えるようにお祈りしています」とサルをいたわる言葉や、「怒りと悲しみで心が張り裂けそう」「絶対に許せません」と犯行に対する憤りをつづり、「心の傷が癒えるように世話をしてあげてください」と職員を励ましている。
 
 心配してサルの様子を見にきた女性は「抵抗できない弱い者に対してというのはひきょう。腹が立つ。謝りにきてほしい」と怒っていた。
 
 二本松俊邦園長は「日本中から心配していただき、優しい人ばかりで喜んでいます。防犯態勢についての指摘もあり、そういったところを考えていきたい」と話している。
 
 市は10日、福知山署に被害届を提出。同署は建造物侵入と器物損壊の疑いで本格的に捜査している。
 
 動物園は、一昨年からミワとウリ坊のコンビで全国的に注目されてきただけに、今回の事件は高い関心を集めている。
 
 
写真=顔面にかさぶたができていたサル

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ