WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年1月 5日のニュース

篠尾12センチ、仏性寺は51センチ 市内で雪景色広がる

0105yuki.jpg
 強い冬型の気圧配置の影響で、福知山市内は5日朝、前日に続いて雪景色が広がった。市街地(篠尾)は午前9時10分現在で12センチの積雪を観測。通勤するマイカーなどのスリップ事故があり、鉄道ダイヤにも乱れが出た。

 市内は4日午後から本格的な雪に見舞われた。府によると、市内の主な観測地点の積雪は5日午前9時10分現在、大江町仏性寺51センチ▽夜久野町今里51センチ▽登尾49センチ▽雲原47センチ▽夜久野町千原18センチ▽三和町草山16センチだった。
 
 府では、積雪、凍結時や峠道を走る際には、必ずスタッドレスタイヤかタイヤチェーンを着用すること、さらに、除雪作業をスムーズに進めるために路上駐車をしないように協力を呼びかけている。

■朝までにスリップ事故9件■
 
 福知山署によると、4日午後から5日朝までに、追突や単独での自動車のスリップ事故9件の届け出があった。 
 
■JRダイヤ乱れる 山陰線で運休も■

 鉄道関係では、JR山陰線の山家−綾部間で5日午前5時ごろ、福知山発京都行きの普通列車が、雪の重みで線路際に木や竹が垂れ下がっていたため徐行運転をした。さらに確認作業のため、特急列車2本を運休(1本は部分運休)し、他の8本の列車にも100分から10分の遅れが出た(午前8時現在)。北近畿タンゴ鉄道は大きな乱れは出ていない。
 
 舞鶴海洋気象台によると、強い冬型の気圧配置が続いているため、府北部では5日午後も雪や雨が降り、雷を伴うところがある見込み。6日には冬型の気圧配置は緩むが、山間部を中心に新たな積雪が予想されている。
 
 
写真=福知山城前には、足跡がない幻想的な雪のじゅうたんが見られた(5日午前9時30分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ