WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年12月30日のニュース

朝来市の観光振興へ提言 成美大が包括連携協定結び活動

 福知山市西小谷ケ丘、成美大学(戸祭達郎学長)の学生20人が1月18日、同大学で兵庫県朝来市の観光名所「竹田城蹟」についてまとめた報告書のプレゼンテーションをする。急ピッチで準備を進めており、全体を通してのリハーサルも行い本番に備えている。

 成美大は、北近畿地域の発展を目指すため、このほど兵庫県朝来市と「観光振興に関する包括連携協定」を締結。活動の一環として今回の調査を実施することにした。
 
 11月6日には、観光マーケティング講座を受講する2回生20人が現地を訪問。そこで感じ取ったことや観光客にアンケート調査を行ったりした内容を、A−C班に分かれてまとめた。
 
 A班が朝来市や竹田城の概要説明など、B班が城の歴史の紹介、C班はアンケート調査の結果と今後の提言などをまとめて完成させた。
 
 リハーサル発表では、アンケート結果や観光地としての竹田城の良い点、悪い点をまとめた上で「もっと良くするアイデア」を提言した。
 
 頂上に簡易トイレを作る▽近くに専用駐車場を作る▽駅からのシャトルバスの導入などを挙げ、これらにより利便性が向上し、集客力アップが期待できることを解説した。
 
 プレゼンは、経営情報学部の矢島正枝教授が受け持つ5講座の合同発表会の一つとして、朝来市役所の職員らも招いて行う。
 
 C班の松尾優介さん(20)は「アンケートや資料をまとめる作業が大変でした。発表では、なるべく専門用語を使わずに、分かりやすく伝えたい」と話していた。
 
 
写真=ほかの班の発表を聞き、意見を出し合いながら本番に備えた

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ