WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年12月19日のニュース

冬の節電がスタート 京都府と関西電力が街頭啓発

1219setuden.jpg
 冬の節電が19日、スタートした。関西電力の節電要請期間の初日に、京都府中丹西保健所は福知山市の福知山駅前で関電福知山営業所と一緒に街頭啓発をして、利用者に節電の協力を呼びかけた。

 関電の原子力発電所は11基中1基のみが運転中で、残りは定期検査中。今冬は電力の需給が厳しくなることから、関電は19日から来年3月23日までの期間、節電を要請している。時間帯は平日午前9時から午後9時までで、家庭では特に午後6時から9時までの協力を求めている。
 
 駅では保健所と営業所の合計5人が、南口と北口に分かれて、通勤のサラリーマンや通学の学生らに、節電方法などが書かれたカイロ付きのリーフレットを手渡していた。
 
 来年2月20日には唯一運転中の高浜原発3号機も定期検査に入り、全原発が停止する予定。舞鶴市などにある火力発電所のほか水力発電所を最大限活用し、電力を確保するが、不足が懸念されることから、営業所の福田修所長は「ご協力とご理解をお願いします」と話していた。
 
 19日から府の庁舎や福知山市役所では、照明の間引き、暖房温度の設定を低くするなどの対応をしている。
 
 
写真=福知山駅でリーフレットを渡しての啓発活動(19日午前8時15分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ