WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年12月18日のニュース

流木で作った龍 菩提寺の蓮正寺に寄贈

1218ryu.jpg
 今にも天に昇る勢い−。福知山市下荒河の蓮正寺(福山恵純住職)に、流木で作った龍が寄贈された。木々をうまく組み合わせて作られており、勇ましく身をくねらせる姿は迫力満点。

 製作者は近くに住む福山公夫さん(74)。20年ほど前から、チェーンソーを使った彫刻に取り組んでいて、干支に関連した動物を題材に置物を作り、菩提寺である同寺に毎年贈り続けている。
 
 巳年の時から始め、今年で干支を一巡。材料は毎回杉の丸太を使っていたが、今回は舞鶴市の神崎海岸で拾ってきた流木を利用し、来年の「辰」年にちなみ龍を作った。
 
 長さは約2メートル。大きな流木や折れた枝の部分などをうまく組み合わせて製作。大きく開けた口には牙、背中にはひれも付けて仕上げている。
 
 同寺の福山恵慎・前住職(74)は「大きくて、本当に迫力がある」とその出来に感心。福山さんは「流木を集めるのに苦労しましたが、思い通りのものが出来ました。多くの参拝者のみなさんに見てもらいたい」と話し、29日ごろに本堂の玄関前に飾る予定にしている。
 
 
写真=迫力満点の龍

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ