WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年12月15日のニュース

資格更新漏れ業者と契約 福知山市がバス運行委託業務で

 昨年4月1日に行われた福知山市の広報バスと福祉バス両運行委託業務の指名競争入札で、入札参加資格(役務)の更新がなく、無資格状態だった市内の業者と契約していたことが14日、わかった。入札時に市が資格有無の確認を怠っており「不適切だった」と謝罪した。契約後に資格更新手続きを取っており、市は「故意に無登録だったわけではなく契約は有効。登録漏れは地方自治法違反にはならない」との見解を示している。

 同日の市議会一般質問で、議員の質問で登録漏れが明らかになった。
 
 市によると、両入札は昨年3月31日に指名通知をして、4月1日に執行。落札業者は3月31日時点での資格は有効だったが、更新手続きをしておらず、年度が変わって無資格になっていた。
 
 更新漏れの理由として、市は、入札参加資格の担当課が変わったことを業者が知らずに、手続きをしていなかったと説明。同様の更新漏れが他に43件あり、昨年6月に追加募集して対応している。
 
 また、入札前の仕様書にあった「大型2種免許」の要件を、契約書では「大型免許」に変更する異例の措置もあった。議員の質問に対して藤田清治総務部長が「営業目的はなく、大型免許で運転できると後で分かって変更したが、誤解を招いてしまった」と答弁した。
 
 市は「仕様書の段階での要件把握をしっかりとして、入札時の業者資格の有無の確認も徹底したい」としている。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ