WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年12月14日のニュース

気仙沼市で「新春 元気・夢花火」を― 福知山の実行委が計画

夢花火g  福知山市の新春夢花火実行委員会(芦田蔵委員長)は、来年1月28日に「新春 元気・夢花火」と題して東日本大震災被災地の宮城県気仙沼市で花火を打ち上げる。元日の由良川河川敷での花火も例年通りに行う予定で、多くの市民、事業所などに協力を求めている。

 新春夢花火は、福知山の新年を花火で祝うため、01年から始めた。笑顔があふれる活気あるまちに−との願いを込め、年が明けるとともに音無瀬橋下流で打ち上げている。
 
 今回は、3月11日の大震災を受け、被災地の人たちにも元気になってほしいと、気仙沼市でも打ち上げることを計画。6月に福知山市の緑の親善大使・ゴーヤ先生らが緑のカーテン作りをしてきた唐桑町の小原木小学校にある仮設住宅の人らと連絡を取り、港近くの唐桑町台の下地区で花火大会をすることが決まった。花火は地元の業者に発注する。
 
 実行委員会では「福知山の新春夢花火よりは規模が小さくなりますが、被災地の方々に少しでも元気を届けたい」とし、市民らに協賛を呼びかけている。
 
■元日は例年通り■
 
 元日の新春夢花火は、例年通りに行う。午前0時に音無瀬橋下流の河川敷で打ち上げを始め、0時20分ころからは御霊公園でナイアガラの滝をする。今年の元日は、思わぬ大雪に見舞われ、11回目で初めて中止になった。
 
 「新春 元気・夢花火」「新春夢花火」への協賛、問い合わせなどは、駅前町の足立住宅内、実行委員会事務局=電話(23)3434、ファクス(24)1770=へ。

写真=冬の澄んだ空気でより鮮やかな花火。被災地に元気と夢を−(写真は2010年の新春夢花火)
 
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ