WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年12月14日のニュース

国内屈指の能面師・堀安右衛門さんに文化庁長官表彰

堀安右衛門さん  福知山市西町の能面師・堀安右衞門(本名・博之)さん)がこのほど、長年能面修理・製作技術者として文化財の保護に努めてきたことを評価され、今年度の文化庁長官表彰を受けた。堀さんは「本当にありがたいことです」と話している。

 堀さんは、1953年ごろから謡曲、狂言を習いはじめ、狂言面の修理などにも携わるようになった。能面師・北沢耕雲(如意)師、長澤氏春師に弟子入りし、経験と技術を積んでいった。今では、全国にいる数多くの弟子が各地で教室を開き、伝統芸能を伝えている。
 
 堀さんの長女、2代目安右衞門さん=本名・佐和子さん=も、東京で能面・狂言面の製作や修理をしている。
 
 国内でも屈指の優れた技術を持つ。国内で能面や狂言面を修理できる人はわずかで、これまで室町時代に打たれたものなど、数多くの重要文化財や国宝など文化的価値が高い面を修理してきた。
 
 「つかみどころのない奥の深い幽玄の世界を表現できてこそ能面」と話し、修理をするときは「たいがい夜に神様からお告げがあって修理していました。夜に作業することは苦ではなかったです」と振り返る。
 
 今後は、修理は控えるというが「能面との出あいは、神様が与えてくださったもの。死ぬまで携わっていくと思います」と話していた。
 
 5日にあった表彰式は欠席したが、表彰状は10日に安右衞門さんの元に届けられた。
 
写真=文化庁長官表彰を受けた堀安右衞門さん
 
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ