WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年11月20日のニュース

光秀を大河にとの署名2万7000人に 4府県の団体集まり報告

1119mituhide.jpg
 第5回明智光秀公ゆかりの地連絡協議会の総会が18日、福知山市民会館で開かれた。福井、岐阜、滋賀、京都の4府県の顕彰会や観光協会のメンバーら26人が出席。戦国武将・光秀をPRするための活動をそれぞれ紹介した。

 協議会は、福知山のほか、明智城址がある岐阜県可児市や娘のガラシャにかかわり深い宮津市など13市町の団体で構成。大河ドラマ誘致のための署名活動や総会を開き情報交換をしている。
 
 連絡協の内藤太郎会長(亀岡市観光協会会長)は「誘致の署名は約2万7000人分集まり、気運が高まってきた。観光振興、経済への波及効果が期待できる。各地域で取り組んでいきたい」とあいさつ。
 
 このあと、「酒などを造っている」(可児市観光協会)、「菩提寺の西教寺で顕彰会の総会を開いている」(大津市の明智光秀公顕彰会)など、ゆかりの地ならではの活動を紹介した。
 
 総会では「『逆臣』の武将から『天下の名将』として発信していくことができれば」という意見が出たほか、府内7市町でつくる「NHK大河ドラマ誘致推進協議会」が昨年設立され、今年11月16日に大河ドラマの企画書などを持って顧問の山田啓二知事と会長の小田豊・長岡京市長がNHKに要望書を提出したことが報告された。
 
 
写真=4府県の団体が集まって開かれた総会

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ