WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年11月16日のニュース

高校サッカー:「冬の国立」に王手 福知山成美、20日に決勝戦

1116seibi.jpg
 福知山市水内の福知山成美高校サッカー部が20日、西京極陸上競技場で第90回全国高校サッカー選手権京都大会の決勝、立命館宇治戦に臨む。選手権は「冬の国立」で知られる高校サッカー最大の大会。成美は今夏のインターハイにも出場しており、同校初の京都夏・冬連覇に王手をかけた。

 京都大会は10月16日に開幕して、スーパーシードの成美は3回戦から登場した。初戦で塔南を11−0、4回戦で龍谷大平安を2−1で下して8強入り。準々決勝は昨年全国で準優勝した久御山に4−1、準決勝ではプロクラブのユースチームも名を連ねる高円宮杯U−18サッカーリーグ2011プリンスリーグ関西1部の京都橘を1−0で振り切り、強豪たちとの戦いを制した。
 
 3年生の岡山和輝主将は「『最低でも全国出場』が目標だと一致団結してきた」と気持ちを引き締める。今川宜久監督は「選手たちは強い気持ちを持っており、夏以降チームが成長してきた。さまざまなバリエーションに対応できる力がついてきた」と話していた。
 
 夏のインターハイは初戦敗退。その悔しさをバネに、目標だった冬の国立出場への思いを一層強くして、チームがまとまった。
 
 決勝の福知山成美−立命館宇治戦は、今夏のインターハイ府予選決勝と同じ構図で、両雄が京都の頂点をかけて再び激突する。
 
 決勝は20日午後1時キックオフ。
 
 
写真=決勝に向けて練習する成美イレブン

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ