WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年11月14日のニュース

お節料理シーズンを前にエビイモの出荷始まる JA京都・福知山

1114ebiimo.jpg
 お節料理や料亭の食材として人気が高い、京の伝統野菜・エビイモの出荷が始まっている。生産者たちでつくるJA京都京野菜部会福知山支部エビイモ部会は、出荷ピーク期に向けて福知山市内で「目合わせ」会をした。

 エビイモはサトイモの一種。皮に縞模様があり、姿が海老(エビ)に似ていることから名付けられた。
 
 今年は8人が52アールで作付けした。これから年末に向けて出荷ピーク期を迎える。
 
 出荷時に生産農家ごとに買ってなランク分けをしていては市場の信用が得られない。そこで、どんな品ならどの等級に分けるかという出荷規準を統一するための「目合わせ」が大事になる。
 
 三段池公園そばのJA京都福知山支店予冷庫集荷場で12日に開いた目合わせ会では、京都青果合同社の京野菜マイスター、猪阪久夫さんが近年の京都市場の傾向を説明。「エビイモは個人売りで、生産者の努力で値が変わってくる。箱1ケースを一つの商品だと思ってほしい」と規格統一の徹底と丁寧な梱包を呼びかけた。
 
 塩見利之部会長は「規格統一はもちろん、箱への詰め方や並べ方などにも気を配りたい」と話していた。
 
 
写真=出荷ピーク期に向けて目合わせ会をした

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ